デカラケという革新、グラファイトという美学
そして2020・・・・・・伝説と幻が実体化

graphite story

1970年代、ラケットはまだ70inch2がレギュラーサイズとされていた。だが1976年、ハワード・ヘッドが考案した「ラージサイズラケット」がテニス界を騒然とさせる。うちわのようにデカい! と言われたフェイスサイズは、レギュラーサイズの約1.5倍もある107inch2。当初はバケモノなどと揶揄されたラージサイズだったが、数々のトッププレーヤーたちが、強烈なトップスピンを相手コートに叩き込み続けたことで、その価値が証明され、時代の転換期を創り出した。

プリンス【グラファイト】は、それまでのプレースタイルを完全に書き換える革命であり、衝撃的なイノベーションだったのだ。

【グラファイト】のスロート部に渡された「クロスバー」が、フレームの捻れ・ブレを抑えるため、そこで損なわれていたはずのパワーを反発パワーに還元。これが多くのプレーヤーから支持され、【グラファイト】は歴史の中へ置き去りにされることなく、現代まで脈々と生き続けてきた。

プリンス【グラファイト】は「スタイル」そのものだ。このスタイルに2020年の最先端技術が投入され、現代の高速テニスに最適化された107inch2というスタイルは、誕生から44年の時を経て、完全に生まれ変わったといえる。

プリンス独自のテクノロジー
TeXtreme x Twaron

「球持ち感」を持たせ、さらなる「スピードアップ」

ラケットは、スロート部分を太くすると剛性が高くなり大きなパワーを生み出すことができる一方で、打球感が硬くなり腕やヒジに悪影響を与えることもある。『TeXtreme × Twaron』をスロート周辺に搭載することで、これまでとほぼ同じモールド(形状)で剛性を高め『球持ち感を持たせながら明確な打球感でスピードボールを打つ』という不可能に思えることを可能にした。

余計なものが入っていないスウェーデン製

カーボン腹糸を結合させるための余計な樹脂が入っていない『TeXtreme × Twaron』はスウェーデンの工場で作られている。完全に規格化され、高品質が保証されたシートのみがプリンスへ供給されている。

プリンス独自のテクノロジー

TeXtreme × Twaronが生み出す4つの性能

  1. シャフトのフレックスを固くすることなく、フェイスのねじれを更に減少
    パワーとコントロール性のアップ
  2. フレームの戻り(復元力)が向上
    ボールスピード、球持ち感のアップ
  3. 不快な振動を低減。
    打球時の快適性アップ
  4. 衝撃吸収性に優れる。
    ヒジや手首への優しさアップ
ATS

シャフトに加え、フェイスの10時と2時にTeXtreme × Twaronを配置することで、ラケット上部の剛性が増し、ボールの推進性とコントロール性がアップ。更には、振動吸収性が増し、クリアな打球感で「掴んで弾く」性能が向上。

ATS
Technology-pic
クロスバー
クロスバーシャフトにグラファイトの代名詞クロスバーを搭載することで、フレームの捻れを抑え、コントロール性能を大幅にアップさせます。また、グラファイト独特のフレックスポイントを創り出します。
ボックスフレーム
ボックスフレームフレームをボックスフレーム(四角形状)とすることでフレームの捻れを大幅に軽減し、優れた安定性と高いコントロール性能を生み出します。
CTS
CTSグリップ上部からフレームカット部にかけて均等に厚みを増していくフレーム形状により、スウィートエリアがトップ方向へ拡大します。さらに、フレックスポイントから打球点までの距離が長くなるためフレームのしなりによるパワーがアップします。
Resi TEX TOUR
Resi TEX TOURレザー(本革)の上にPUコーティング。レザーグリップの明確な感触+滑らかなオーバーグリップの進化感覚グリップ。

Line up


PHANTOM GRAPHITE 100

new2020 / 5 Debut


PHANTOM GRAPHITE 107

new2020 / 3 Debut