プリンス独自のテクノロジー
TeXtreme x Twaron

「球持ち感」を持たせ、さらなる「スピードアップ」

ラケットは、スロート部分を太くすると剛性が高くなり大きなパワーを生み出すことができる一方で、打球感が硬くなり腕やヒジに悪影響を与えることもある。『TeXtreme × Twaron』をスロート周辺に搭載することで、これまでとほぼ同じモールド(形状)で剛性を高め『球持ち感を持たせながら明確な打球感でスピードボールを打つ』という不可能に思えることを可能にした。

余計なものが入っていないスウェーデン製

カーボン腹糸を結合させるための余計な樹脂が入っていない『TeXtreme × Twaron』はスウェーデンの工場で作られている。完全に規格化され、高品質が保証されたシートのみがプリンスへ供給されている。

プリンス独自のテクノロジー

TeXtreme × Twaronが生み出す4つの性能

  1. シャフトのフレックスを固くすることなく、フェイスのねじれを更に減少
    パワーとコントロール性のアップ
  2. フレームの戻り(復元力)が向上
    ボールスピード、球持ち感のアップ
  3. 不快な振動を低減。
    打球時の快適性アップ
  4. 衝撃吸収性に優れる。
    ヒジや手首への優しさアップ
Xモーフフレーム
Xモーフフレーム内側と外側の厚さを変えることで、ボックス形状とエアロ形状のそれぞれの長所を併せ持つprince独自の新形状。
打球時の反発復元力に加え、ねじれに対する強さも発揮。また空気抵抗が小さく振り抜きがよいのも特徴。スピード + コントロール性 + スピン性を実現する。
(EMBLEM 120に搭載)
CTS
CTSグリップ上部からフレームトップ部にかけて均等に厚みを増していくフレーム形状により、スウィートエリアがトップ方向へ拡大します。さらに、フレックスポイントから打球点までの距離が長くなるため、フレームのしなりによるパワーがアップします。
(EMBLEM 120に搭載)
エクスパンドホール
エクスパンドホールグロメットホールの径を大きくし、ストリングスの接点をフレームの外側にすることで、ストリングスの動きをスムーズにしてスウィートエリアをフェイスの全方向に拡大します。
(EMBLEM 120に搭載)
2ピーススロート
2ピーススロートインパクトの衝撃を軽減し、ストリングスの振動を抑える2ピース構造のスロートを採用。
(EMBLEM 110に搭載)

パラレルホール
パラレルホール全体の86%のストリングがフレームの外側まで1直線になるようにグロメットホールを設定。スウィートエリアが(特にトップ方向へ)拡大。スウィートエリアとヒッティングポイントがリンクし、パワーとスピン性能をアップします。
(EMBLEM 110に搭載)

Line up


EMBLEM 110


EMBLEM 120