トッププレイヤーの第一印象

元プロテニスプレイヤー杉山愛さんレビュー



ラケット開発担当者から

ついに発売になるPrince X 100の秘密を語る



フォアとバックで性能の違うラケット

“Twist Power Technology”とは

– ツイストパワーテクノロジー –
左右非対称のシャフト形状が世界初のフォア、バックで異なる性能を生み出します。

フォア
強いボールを生み出すフォアハンド面
フォア面でのショットでは上側のシャフトが被っている構造になり、インパクトの際にフレームが硬く反応します。
一般的なフォアハンドのスウィングは大きく速くスウィングする事が可能で、プレーヤーのパワーが大きくボールに伝わります。
その結果、硬い面と強い力がぶつかることで大きなパワーが生まれます。
バック
ツイストパワーテクノロジーの真骨頂を発揮するバックハンド面
バック面でのショットでは上側のシャフトが開いている構造になり、インパクトの際にフレームがしなって戻る動きをします。
フォアと比べてスウィングや体の動きが制限されるバックハンドでは、フォアと同じように大きく速くスウィングする事は不可能です。このバックのスウィングのパワー不足をフレームのしなりと戻りがボールを押して手助けしてくれるため、より深く安定したボールを可能にします。

形状が生み出す違い

その不思議な特徴の秘密はPrinceが新開発した世界初のテクノロジー

データにも現れる確実な違い

FORE BACK
SPEED 105% 104%
LENGTH 100.7% 107.8%
CONTROL 57.97% up 41.82% up

Trackmanによる計測

その原理は形状からくる「しなり」の差

捻れた形状はフォア面とバック面で最大11%ものしなりの差を生み、
フォア面では強い弾き、バック面ではしなりによる伸びを得られる

Xロゴ
フレームトップ内側にはTwist Power Technologyの象徴「X」ロゴ
ヴィンテージロゴ
シャフト部にはこだわりのブラックヴィンテージロゴ。
エンドキャップ
Smart Tennis Sensor対応のブラックのエンドキャップ。

Line up

X100
Prince X 100
X105(290g)
Prinxe X 105 (290g)
X105(270g)
Prince X 105 (270g)